骨格ウェーブさんの下腹ぽっこり解消法|即効性のある方法も!?

下半身に脂肪がつきやすい、骨格ウェーブさん。下腹ぽっこりで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

Mimi

ダイエットをしても下腹にお肉がつきやすいです。

Dua Rip

骨格ウェーブさんの下腹ぽっこりにおすすめの解消法があるみたいですよ。

今回は、骨格ウェーブさんの下腹ぽっこり解消法について紹介します。

骨格ウェーブさんにおすすめの服装や運動、着圧アイテムも紹介しているので、ぜひ見てくださいね。

まずは骨格ウェーブが下腹ぽっこりになりやすい理由をみてみましょう。

Contents

骨格ウェーブが下腹ぽっこりになりやすい理由とは

骨格ウェーブが下腹ぽっこりになりやすい理由には、以下の2点を原因としてあげることができます。

  • 体型の特徴で筋肉がつきにくい
  • 姿勢の悪さ
Dua Rip

骨格ウェーブさんの体型には以下のような特徴があります。

  • 上半身が薄く華奢な体系
  • バスト位置やヒップ位置などが低めで平坦
  • ウエストとヒップに差が出やすい
  • 重心は下半身で、ひざ下にボリュームが出やすい
  • くっきりとした鎖骨や肩甲骨、首は長め

上半身が薄く下半身に重心があると聞くと、あまり良い印象を持たない方もいるかもしれませんが、実は他のタイプよりも繊細で、女性的なボディラインをつくりやすい骨格なのです。

骨格ウェーブさんは「痩せたら最強」と言われることもあります。
痩せたら最強と言われる理由と各部位の効果的なダイエット方法についてまとめた記事も要チェック!

体型の特徴で筋肉がつきにくい

骨格ウェーブさんは、筋肉はつきにくく脂肪がつきやすい体質です。

お腹の脂肪を掴んでいる

体質的に筋肉がつきにくいこや、下半身にに重心があることから、下腹ぽっこりになりやすいといえます。

姿勢が悪い

正しい姿勢を保つには、筋肉が重要な役割を果たしています。

机に悪い姿勢でもたれかかっている

骨格ウェーブさんは筋肉がつきにくく、その影響で正しい姿勢をキープできない人が多いとされており、ぽっこりお腹になりやすいのです。

このように、骨格ウェーブという体型の特徴や筋肉のつきにくさ、姿勢の悪さから、下腹ぽっこりになりやすいといえます。

次に骨格ウェーブさんの下腹ぽっこりを解消するエクササイズとトレーニングについて解説します。

骨格ウェーブさんの下腹ぽっこりを解消|エクササイズ・トレーニング

骨格ウェーブさんのお腹ぽっこりを解消するエクササイズとトレーニングを3つご紹介します。

  • 腹筋を鍛えるトレーニング
  • 有酸素運動
  • ストレッチ・半身浴で代謝アップ
Dua Rip

それぞれ具体的にみてみましょう。

腹筋を鍛えるトレーニング

腹筋を鍛えることで、姿勢を改善します。

腹筋は正しい姿勢を保つのに大切な筋肉です。

腹筋を鍛えることで姿勢が改善でき、結果的に下腹ぽっこりを防ぐことができます。

腹筋を鍛えて下腹に効果的な運動でおすすめなのは、レッグレイズ。

レッグレイズは腹筋とインナーマッスルに効果のあるトレーニングです。
腹筋とインナーマッスルを鍛えることで、お腹ぽっこりを撃退できますよ。

脚をあげるため、脚のむくみにも効果があります。

有酸素運動

有酸素運動は脂肪燃焼に効果的です。

有酸素運動は血流がよくなることで、全身に効果があります。

下腹ぽっこりでたまった脂肪を撃退するだけでなく、肌がきれいになったり、全身を引き締めたりと、いいことが沢山あります。

ストレッチや半身浴で代謝アップ

激しい筋トレや運動よりストレッチや半身浴で代謝をあげたほうが痩せやすいのも、骨格ウェーブの特徴です。

ストレッチをすると血流が良くなり、代謝がアップします。
代謝がアップすると脂肪が燃えやすくなり、瘦せやすい身体となります。
骨格ウェーブさんは下半身に脂肪がつきやすいためストレッチで大腿やふくらはぎをしっかり伸ばすのもポイントです。

Dua Rip

ストレッチをするのにおすすめの時間帯は、寝る前や起床時です。

寝る前にストレッチをすると寝つきがよくなりますし、起床時にストレッチをすると体温が上がり、更に代謝がよくなります。

骨格ウェーブさんのボディメイクで気を付けること

骨格ウェーブさんは、部位を絞ってトレーニングをすることが大切です。

骨格ウェーブさんは上半身が薄いことが特徴です。上半身のを中心にトレーニングをすると、薄い胸元が更にさみしく見えてしまいます。

下半身に脂肪がつきやすいため、お尻と腰回りを中心にトレーニングするといいでしょう。

バストを支える筋肉も一緒にトレーニングすることで、とても女性らしい体型に近づくことがでますよ。

続いて、下腹ぽっこりをカバーするおすすめの服装を紹介します。

骨格ウェーブさんの下腹ぽっこりをカバー|おすすめの服装

骨格ウェーブさんの下腹ぽっこりをカバーする服装のポイントは、3つあります。

  • ウエストの位置を高く見せる
  • 縦のラインを強調する
  • 小物使いで視線をそらす

それぞれ詳しくみてみましょう。

ウエストの位置を高く見せる

ウエストの位置を高く見せるには、Xラインを意識するのがおすすめです。

Xラインとは、アルファベットのXのように、体の中央にあるウエストのくびれを強調して、メリハリのある女性らしいシルエットに見せること。

このコーディネートは、実は骨格ウェーブにピッタリなのです。

Xラインを作る際には、

  • ウエストを絞る
  • 裾が広がっているボトムスを選ぶ
  • 上下で対照的なカラーにする

を意識すると、綺麗なXラインができますよ。

他にも、ハイウェストやくびれ部分にベルトをつけることもおすすめです。

下腹がぽっこりしていたり足の太さが気になったりという悩みで、体型を強調したくない人は、

  • 太めのズボン×ハイウェスト
  • ベルトをウエストよりやや下の位置にとめる

にしてみるといいでしょう。

腰の高い位置でウエストマークすることで脚長効果も得られるため、一石二鳥ならぬ「一石三鳥」のテクニックですよ。

縦のラインを強調する

縦のラインを強調することで、「縦長効果」で脚が長くみえます。

下半身にボリュームが出やすい骨格ウェーブには嬉しい効果ですね。

下腹ぽっこりだと丸みのある体に見えるため、洋服は縦のラインが入った物を選ぶのもおすすめです。

縦長効果を効果的にみせるには

  • キャミソールワンピース
  • セットアップ
  • 太めの縦ストライプ

を取り入れること。

特に、キャミソールワンピースはウエストが隠れるので、ウエスト部分を隠したい人にぴったりです。

キャミソールワンピースは、暑い夏でも冬でも季節を問わず使えるのもポイントです。

セットアップはビジネスシーンでも取り入れることができます。

おしゃれな縦ストライプコーディネートは、Xライン効果も組み合わせると更におしゃれ度がアップします。

ほかにも、ロングカーディガンやロングコートを選ぶと、縦ラインを印象付けることができます。

長めのストールを首元で巻かずに垂らすだけでも、縦長効果を期待できますよ。

小物使いで視線をそらす

小物を取り入れて、気になる部分から視線をそらすのもおすすめです。

骨格ウェーブの人が似合うのは、以下の3つ。

  • アクセサリーは華奢なデザインのもの
  • バックは小さめで薄いデザインを選ぶ
  • シューズは華奢なパンプスやバレーシューズ

女性的な体系の骨格ウェーブだからこそ、女性らしさが印象的な華奢なデザインがとてもよく似合います。

体型が薄いため、大きなバックを持つとアンバランスになりがちです。なるべく小さいバックを選ぶといいでしょう。

とはいえ、仕事や学校があると、大きなバックが必要なときもあるはず。大きなバックを選ぶ際は、なるべく薄いデザインのバックを選ぶとバランスがとりやすくなりますよ。

続いて、骨格ウェーブさんお下腹ぽっこりを防ぐ食生活を紹介します。

骨格ウェーブさんの下腹ぽっこりを防ぐ|気をつけたい食生活

骨格ウェーブさんの下腹ぽっこりを防ぐために、気をつけたい食生活のポイントは4つあります。

  • 食物繊維で便秘解消
  • カロリーは抑えてタンパク質をしっかり摂取
  • こまめな水分補給
  • むくみを防ぐ食事

詳しくみてみましょう。

食物繊維で便秘解消

便秘は下腹ぽっこりの原因になります。

便秘を解消するには、食物繊維をしっかりとることが大切です。

食物繊維は、きのこ、豆、野菜、果物に含まれています。これらを食事に取り入れて、便秘を解消するといいでしょう。

カロリーは抑えてたんぱくを質しっかり摂取

カロリー制限ととタンパク質の摂取は体型に大切です。

カロリーの取りすぎは太りやすくなるので、抑えめに。タンパク質は筋肉や体を作るのにとても大切な栄養なため、しっかり摂取しましょう。

体重や年齢によって必要量は変わってきますが、女性の場合、

1日に必要なタンパク質は50g、カロリーは1400~2400Kcal以内が推奨されています。

カロリーは、日常生活の運動量によって変わってきます。

  • 立ち仕事や運動習慣がある人:2,350kcal程度/日
  • 座り仕事をしつつ動く人:2,050kcal程度/日
  • 座っている時間がほとんどの人:1,750kcal/日

を目安に調節するといいでしょう。

こまめな水分補給

適切な水分補給は、代謝をあげることにつながります。

体内の水分が不足すると、水分や疲労物質を流す血管やリンパ管がうまく機能しなくなり、巡りが悪くなります。水分不足が深刻になると、脱水や熱中症などの危険があるため、水分補給はとても大切です。

ポイントは、こまめに水分補給をすること。

一度に沢山飲んでも、身体に吸収される量は決まっています。こまめに飲むことで、必要な量をしっかりと補うことができるのです。

むくみを防ぐ食事

むくみを防ぐことで、足を細くみせることができます。

むくみを防ぐ食事のポイントは

  • 塩分を控える
  • カリウムを摂る

を意識すること。

塩分は体に水分をため込むため、控えめにするとむくみを防ぐことができます。

カリウムは水分を排泄するため、浮腫み予防に効果的です。バナナなどの果物、ホウレンソウ、イモ類、大豆に多く含まれています。

極端に制限したり摂取をすると体に悪影響がでる可能性があるため、適正量を摂取しましょう。

持病がある人は医師に相談することをおすすめします。

骨格ウェーブさんのむくみ解消法については「骨格ウェーブはむくみやすい|マッサージと着圧で美脚完成」の記事でまとめています。

骨格ウェーブで下腹ぽっこりさんにおすすめの運動や服装、食生活をしていても、下腹ぽっこりはしぶといもの。

すぐにでも下腹ぽっこりを解消したいときは、コルセットがおすすめです。

続いて、下腹ぽっこりがなかったことになる、おすすめのコルセットを紹介します。

【即効性あり】コルセットで気になる下腹ぽっこりがなかったことに?!

コルセットなら付けるだけで下腹ぽっこりをなかったことにすることも可能です。

コルセットはスタイルアップだけでなく身体に嬉しいことがたくさんあります。

まずはコルセットの特徴をみてみましょう。

付けるだけで簡単スタイルアップ

コルセットは、気になる下腹をカバーし身体のラインをきれいに整えてくれます。

バーヴォーグ コルセットのビフォーアフターでお腹がカバーできることを確認
出典:バーヴォーグコルセットの口コミ|shaprly cat’s

コルセットなら物理的にお腹を締めてくれるので、下腹ぽっこりもしっかりケアできます。

背中やウエストを締め付けることで、身体のラインをきれいに整えます。

姿勢が良くなり血行が促進されるので、基礎代謝が上がり痩せやすい体へと体質改善も期待できます。

食べすぎ防止

コルセットでウエスト周りを締め付けるため、食べ過ぎ防止につながります。

食事をすると胃が広がり、ついつい食べ過ぎてしまいます。コルセットで締めると胃が広がらず、食べ過ぎを防止できるのです。

無理な食事制限をしなくても満腹になりやすいのは嬉しいですね。

正しい姿勢も意識できる

骨格を正しい位置に矯正できるため、自然と姿勢がよくなります。

出典:ダズユースリムコルセット(DOES-U)の口コミ|shaprly cat’s

正しい姿勢を意識していても、気が付けば猫背になっているというのはよくあること。コルセットは骨格を正しい位置に矯正し固定することで、物理的に姿勢がよくなります。

紐タイプとウエストニッパータイプがある

コルセットは大きく分けて、紐タイプとウエストニッパータイプの2種類あります。

出典:バーヴォーグコルセットの口コミ|shaprly cat’s
出典:プリンセススリムの口コミ・レビュー|shaprly cat’s

どちらも身体を補正するということは変わりませんが、それぞれ違いがあります。

紐タイプのコルセット

紐タイプコルセットの
メリット
紐タイプコルセットの
デメリット
  • 締め付けが強く補正力が高い
  • 伸縮性が乏しく動きにくく感じることがある

紐タイプのコルセットは、紐で締め付けを調整します。

メリットは、しっかりとした補正力を期待できること。自分で細かい締め付けが調整できるので、きつく締めることも可能です。

デメリットは、伸縮性が乏しく、動きにくいこと。
補正力があり高い効果が期待できる反面、動きにくいと感じてしまう方も多いようです。

ウエストニッパータイプのコルセット

ウエストニッパータイプのメリット
ウエストニッパータイプのデメリット
  • 適度な締め付け
  • 伸縮性が高く普段使いでもしストレスになりにくい
  • 紐タイプと比べると締め付けが弱く補正力が劣る

ウエストニッパータイプのコルセットは、フックやファスナーで締め付けるを調整します。
適度な締め付けのため、コルセット初心者や強い締め付けが苦手な方にもおすすめです。

デメリットは、紐タイプより補正力が弱いこと。フックやファスナーのある位置までしか補正ができないため、締め付けが弱いとなるとコルセットのサイズを変える必要があります。

Dua Rip

それぞれの特徴を踏まえて、自分にあったコルセットを選ぶといいですね。

コルセットを付けるときの注意点

コルセットを付けるときには以下の点に注意して使用しましょう。

  • はじめは2時間を目安に付ける
  • 寝るときは外す
  • こまめに締めなおす
  • 一番きつくしても締め付けがゆるいと感じたら、ワンサイズ下に交換する

コルセットはお腹周りを圧迫するため、無理は禁物です。初めて使用するときは、身体に馴染ませるために1日2時間程度から始めましょう。

身体を圧迫するため、寝るときに使用すると睡眠の質が悪くなったり、血液やリンパの流れを阻害することがあります。寝るときは外しましょう。

食事後やトイレ後はサイズが変化するため、締め直しも大切。少し面倒に感じるかもしれませんが、締め直すとよりコルセットの効果が高まります。

ウエストニッパータイプの場合、サイズの交換が必要な場合があります。一番きついホックを使用しても締め付けが弱い場合は、ワンサイズ下に交換しましょう。

コルセット初心者さんにはプリンセススリムがおすすめ

コルセット初心者さんには、プリンセススリムが断然おすすめです。

スクロールできます
プリンセススリム
価格【1着】4,980円(税込)+送料1,000円(税込)

【2着】セット 8,250円(税込・送料無料)

【4着セット】13,090円(税込・送料無料)
※1着あたり3,272円

【7着セット】21,980円(税込・送料無料)
※1着あたり3,127円
素材ポリエステル100%
ホックの数4段
サイズXS、S、M、L
カラーブラック、モカ
サイズ交換到着後7日以内

プリンセススリムは、コルセット初心者でも付けやすいウエストニッパータイプ。

コルセットが気になるけど、ハードルが高いという方や、締め付けが不安な方も安心して使用できます。

プリンセススリムの特徴は、

  • 4段階の強度調整
  • 通気性が良い
  • 生地が薄く上に着る服のデザインに響かない
  • 広範囲をケア・下腹までしっかりとカバー
  • 開封後もサイズ交換可能

コルセットを付けていることで、ムレたりかゆくなったりしないか不安な方もいるのではないでしょうか。

プリンセススリムは通気性がよく、ムレにくい作りとなっています。
コルセットの生地が薄いため、洋服のデザインに響かないのもポイントですね。

プリンセススリムならくびれメイクをしつつ、下腹ぽっこりもカバーしてくれます。

骨格ウェーブで下腹ぽっこりに悩む人におすすめのコルセットなのです。

プリンセススリムにはXS~Lのサイズ展開があります。

プリンセススリムの公式サイトでは、

到着後7日以内であれば、開封したものは1点のみ、未開封のものは全てサイズ交換が可能です。

開封したけどサイズが小さそう・・・

と言う場合でも、交換できるのが嬉しいですね。

プリンセススリムは1着4,980円。単品で購入すると送料1,000円がかかるため、

1着だけ購入すると実質5,980円かかり、少し高いのが難点ですが、公式サイトではまとめ買いで購入することでかなりおとくな価格で購入することができますよ。

  • 2着セットで8,250円(単品価格より1,710円お得)
  • 4着セットで13,090円(単品価格より6,830円お得)
  • 7着セットで21,890円(3着分が実質無料の価格)

どのセットも送料無料で購入できるのもポイントです。

さらに、

2枚以上購入で肋骨ベルトをプレゼントされるWEB限定のオプションもあります。

肋骨ベルトは、その名の通り肋骨を締めてくれるベルト。

くびれがない原因の1つに、肋骨が開いていることがあります。プリンセススリムも肋骨を補正することができますが、肋骨ベルトを一緒に使うことで、よりくびれメイクができるんです。

洗い替えをお得に購入でき、複数枚購入のみでくびれメイクができる肋骨ベルトがもらえるセットがあるのは、公式サイトだけ。

プリンセススのレビューや口コミを調査した記事はこちらをご覧ください。

骨格ウェーブさんの下腹ぽっこり解消法|まとめ

骨格ウェーブさんの下腹ぽっこり解消法と、おすすめのコルセットを紹介しました。

コルセットを取り入れるときは使用上の注意を守って、苦しくなるほどの強い締め付けや、長時間の着用は避けてくださいね。

コルセットを外した後も理想のウエストラインを維持できるように、日ごろの運動や食事法もぜひ取り入れてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents